サンテインおたりに泊まって冬の小谷を楽しもう!

2020年1月25日~26日に開催された「小谷ファンミーティング」

国内屈指のウィンターリゾート「HAKUBA VALLEY」のビッグゲレンデへ

今回の小谷ファンミーティング では、8組のご家族にご参加いただきました。
サンテインおたりを12:30頃出発して、マイクロバスでゲレンデへ。
今年は各地で雪不足が心配されていましたが、スキーを楽しむには十分な積雪がありました。
到着後まずはスタッフが、お子様をお預かりしてスキーレッスンです。
初めてスキーをするお子様から、スキー検定に挑戦するお子様までレベルに合わせてのレッスンです。
みんな上達が早くて驚きました!
その間、ご両親は夫婦水入らずの時間。
昔に戻って、デート気分で盛り上がっていただけたことでしょう!?
お子さんのレッスン終了後は、ご家族でスキーを楽しんでいただきました。
お天気にも恵まれ最高のスキー日和でした。

自慢の天然温泉とお料理

宿に戻ったらまずは冷えた体を温泉で温めていただきます。
当館自慢の天然温泉は筋肉痛や疲労回復にも効果があり、さらに「お肌がしっとりツルツルになる」高い美肌効果で女性にも人気の温泉です。
その後はいよいよお楽しみのご夕食です。
信州の食材をふんだんに盛り込んだ料理長のこだわり会席です。
食後は家族対抗の「おたりクイズ」で盛り上がりました。

雪中キャベツ収穫体験

翌朝は、当館から5分ほどの場所で「雪中キャベツ」の収穫体験です。
小谷村の「雪中キャベツ」は、鉄腕ダッシュなど、様々なメディアで紹介されるほど人気の一品です。
夏から秋にかけて植えたキャベツを雪の中でそのまま熟成させ、積もった雪を掘って収穫します。
収穫したキャベツを雪の中で貯蔵するのとは違い、雪の中で生きたままのキャベツは自身が凍らないように糖分を蓄え、とっても甘いキャベツに育ちます。
このキャベツの収穫体験に出かけたのですが、今年は残念ながらキャベツに雪はかぶっておらず、雪掘りは出来ませんでした。
ただ、畑から自分たちでキャベツを収穫するというだけでも貴重な体験になったようで、皆さん楽しんでおられました。
普段野菜をあまり食べないというお子様も、「甘くて美味しい!」とそのまま丸かじりする笑顔が印象的でした。

おたりそば道場

今回のイベント最後の体験は、そば打ちです。
そば打ちの先生は地元「小谷流そば打ち伝承人」の方です。
まずは先生のお手本をしっかりと見て流れを掴んでもらいます。
そしていよいよ家族ごとにそば打ちの開始です。
そばをこねたり伸ばしたり、お子様は粘土細工気分で楽しそうに進めていますが、
お父さん、お母さんは少しでも上手に仕上げようと真剣です。
子供には任しておけないとばかりに手助けにも熱が入ります。
そのおかげもあってか、どのご家族も上手に仕上がったようで、
自分たちで打ったそばをその場ですぐにお召し上がりいただきましたが、皆さん満足そうに打ち立てのそばの味を楽しんでおられました。