サンテインおたりから行く!おすすめ紅葉スポット

9月下旬から11月にかけてサンテインおたり周辺は紅葉のシーズンを迎えます。
標高の高い山から里山までたくさんの紅葉スポットがあるため長く紅葉を楽しむことができるのが特徴です。
またサンテインおたりは、小谷の中心部に位置し国道沿いの立地で、どのスポットへもアクセス抜群の拠点です。

栂池自然園

小谷村の紅葉といえば必ず名前が上がるほどの大定番といえば、栂池自然園の紅葉です。
ゴンドラとロープウェイを乗り継いでいく標高約1900mの高層湿原で、1日たっぷり紅葉を満喫できる超人気スポットです。
例年の見頃は9月下旬から10月中旬まで、北アルプスに冠雪があれば、雪の白と紅葉と緑の三段紅葉が楽しめます。小谷に来たらぜひ押さえておきたいスポットです。

詳細は栂池自然園のホームページで。
https://sizenen.otarimura.com/


雨飾山

雨飾山は日本百名山に選ばれるほどの名峰で、特に紅葉の時期はたくさんの登山者で賑わう人気の山です。
標高は低いですが、結構ハードな山でしっかりした登山装備も必要なため登山と紅葉を楽しみたいという方には、おすすめのコースです。
サンテインおたりでは、雨飾山の紅葉を満喫していただくためにぴったりの「登山プラン」をご用意いたしております。紅葉シーズンは雨飾山登山のピークで混雑時は登山口の駐車場が早朝には満車になり、時には駐車場所から登山口まで1時間近く離れた場所にしか駐車できないことがあります。しかし登山プランをご予約いただいたお客様には、なんと!登山口目の前の契約駐車場をご用意いたします。
毎年人気のプランで、駐車場の確保の関係で1日3組様限定のため、早い者勝ちです!入浴サービスやソフトクリームチケット付きなどの特典もあり、登山する方には絶対おすすめですのでお見逃しなく!

鎌池

雨飾山登山口の少し手前に位置し、特に写真愛好者に人気のスポットです。本格的な登山は無理という方でも気軽に楽しめるのが特徴です。
池を一周する遊歩道も整備されており、天気が良ければ鏡のような水面に映る紅葉を堪能できます。
また、鎌池までの道中には、寸志で入浴できる雨飾高原露天風呂があります。
ブナ林に囲まれた開放的な露天風呂で、紅葉狩りの後には是非立ち寄っていただきたいオススメのスポットです。

塩の道

かつて糸魚川から松本城下まで塩や海産物資を運んだ千国街道は別名「塩の道」と呼ばれています。
現在小谷村内には、塩の道の街道跡を整備した8つのモデルコースがあります。
紅葉は10月中旬から11月中旬までが見頃で、周辺には石仏や石塔、史跡などが多く残されており、紅葉と一緒に歴史探索もできるので、歴史好きの方にはお勧めのコースです。本格的な登山装備がなくても気軽にトレッキングできるのも人気の理由です。当館の目の前には当時の宿場街道があり、そこから里山入る散策できるコースがございます。
塩の道の詳しいパンフレットのご用意もございますので、お出かけになるお客様は是非お声掛けください!

白馬岩岳マウンテンハーバー

こちらはお隣の白馬村にある施設ですが、サンテインおたりからは車で20分程で行けるおすすめスポットです。
ゴンドラで岩岳山頂まで一気に登ると、北アルプスを一望できる絶景テラスがあります。突き出したガラス張りのテラスから眺めると、まるで空を飛んでいるかのような状態で雄大な景色を楽しむことができます。さらに散策スポットや巨大ブランコなどのアクティビティーやカフェも併設されておりファミリーにもおすすめです。

白馬大出の吊り橋

こちらも白馬村の超人気定番スポットです。当館からは車で20分ほどの距離です。
清流姫川にかかる吊り橋をバックに雄大な北アルプス白馬三山が眺められる絶景スポットです。
吊り橋の横には茶屋や公園があり、紅葉シーズンだけでなくお花見のシーズンもファミリーや写真家たちで賑わいます。お弁当をもって芝生の公園でゆっくり楽しみたいのんびりさんにぴったりのスポットです。

眺望の里

知る人ぞ知る小谷の秘境スポット。道中は道幅も狭く少しアクセスには気を使うけれど、その眺望は登った人のみ味わえるご褒美。3000m級の北アルプスと姫川渓谷、小谷の里山が一望できる屈指の絶景スポットです。のんびりした雰囲気と共に紅葉が楽しめます。キャンプ場も併設されています。

まだまだ紹介しきれない素敵な紅葉スポットがいっぱいあります。

小谷村を中心に近くの紅葉スポットを紹介してきましたが、
当館からアクセス可能なおすすめスポットはまだまだあります。
少し足を伸ばして立山黒部アルペンルートや松本城、善光寺など大自然の雄大な紅葉から手入れのされた史跡の紅葉など長野の秋は楽しみ方もいろいろ。ぜひ当館にお泊まりいただき長野の秋を堪能してください!